オダックス近畿BRM617和歌山600km参加記録〜初めてのDNF〜

 今回はオダックス近畿のBRM617和歌山600km紀伊半島一周Reverseに参加しました。僕がブルベに参加し始めて記念すべき10回目のブルベでしたが、結果は270kmでDNF。他に参加したレースやイベントを含めても初めてのリタイアでした。原因は精神的なダメージによる体調不良・・・。走りなれた地元紀伊半島のブルベ。完走は間違いないと思っていただけに悔しさは倍増です。

 それではリタイアまでの道のりを書いていきたいと思います。

スタート前

 今回は事前の準備を前々日までに済ませて、あとはじっくり体を休めるだけ・・・、と言うところで、内容は書けませんが前日の夜にはらわたが煮えくりかえるような腹の立つ事件ありました。興奮と心配で全く寝付けず、仕方なく一睡もせずに自宅を出発しました。途中、高速道路のPAで少し時間があったのでここで仮眠をとり、スタートのマリーナシティに移動しました。
 すでに大勢のランドヌールがスタンバイ中。まだ早朝3時半ごろでマリーナシティ駐車場のゲートもしまっているので一旦路駐して受付と車検を済ませました。今回参加者も多くてスタッフの方も受付作業が大変そうでした。
今回の装備

すでに大勢の参加者が受付中
 ここで前回、前々回と一緒だったAさん(仮名)、そしてAさんのご友人でstravaやFacebookで知り合いになれたBさん(仮名)とお会いしたので挨拶を交わし、車を駐車場に入れてスタート時間ギリギリの時間にブリーフィングが始まりました。
スタートギリギリのブリーフィング

スタート〜PC1五條へ

 スタートするとしばらくは集団になり海南市内から紀ノ川方面に向けて走ります。多少の寝不足なら走り出すとすぐに目が覚めてくるのに、この日に限ってはずっと睡魔が続いていたので出だしから不安でした。

スタートしてすぐのムーンブリッジ

 紀ノ川沿いに出ると予想外の向かい風。前日までの串本の風を考えるとこのあたりは追い風になる予定やったのに・・・。とはいえ、まだ足もフレッシュな状態なのでそこそこのペースです。

紀ノ川沿いの土手を行く

ちょうど道の駅「九度山」の手前辺りでAさんと合流。Aさんもかなりの寝不足のよう。普通なら僕の方が遅いはずなので知らないうちに千切れてました。どうやら寝不足に加え足の痛みもあったみたいで、このあとPC1でリタイアされました。AさんもSRにリーチがかかっていたので残念がっていましたが、この後僕も断念することになりますが・・・。

道の駅「九度山」

PC1ファミリーマート五條病院前店

PC1~PC2勢和多気へ

PC1でAさんと別れ、吉野の山中へと入っていきます。吉野川沿いは自然豊かで景色も良かったので走ってて気持ちが良かったです。

吉野川
近鉄電車に会いました

吉野町、川上村、東吉野村と奈良県を横断して、三重県との県境の高見山を登ります。斜度はそれほどきつくありませんが、寝不足で体力の衰えた体にはなかなかきついものがあります。このあたりでちょうど100kmほど。

奈良県横断中にあったニホンオオカミの像

高見山の登り

頂上の高見山トンネルの手前にあった公衆トイレで用を足し、トンネルの向こうの通過チェックに向かいます。トンネルの途中から下り坂に変わるのでここで疲れた足を休めます。

高見山トンネル
通過チェック「高見山」

通過チェックは有人チェック。いつもご苦労様です。さてここからは快適な下り基調!のはずが、思ったよりきつい向かい風。下りなのに進む感じがしないよ(泣)。山を越えてきたので、前半部より風がきつくなっている感じがします。泉佐野シリーズの紀伊半島一周はこれを登るんだねぇ。

高見山からの下り

PC2までの道中あたりでだんだんと体力的に厳しくなってきました。絶好調ならなんてことない距離なのに・・・。基本PC間の休憩はあまりしないんだけど途中の道の駅「飯高駅」で少し休憩。コーラを飲んでしばらく眼を閉じます。でもいつまでも休んでいるわけには行かないので出発。PC2手前の登りが一番きつかったかもしれないなぁ・・・。ちょっとした距離なのに。

道の駅「飯高駅」

PC2サークルK勢和多気店

PC2~PC3鳥羽へ

PC2ではお昼ご飯も兼ねて大休憩にしました。といってもごはんのような固形物はほぼ胃が受け付けず、パスタとアイスを無理やり流し込む感じです。次から次へと他のランドヌールが出発していく中、しばらくコンビニ脇に座り込みます。

 ようやく出発。しばらく国道42号線を走り、途中伊勢に向けて東に進路をとります。風は東風なのでずっと向かい風。徐々にDNFの言葉が頭をよぎり始めます。とりあえず串本まで戻れればどうにかなると思っていたので、それだけを目標にペダルを回します。

国道42号線

伊勢市内に入ると都市特有の信号地獄。でもこの日ばかりは信号のたびに休めるのであまり気にならず。前に遅い単車があっても風除けだと思って広い心で後をついていきました。

 鳥羽の手前では、幹線道路から外れしばらくはアップダウンのある脇道を進みます。ただでさえ気持ちが落ち込んできているのに途中のぼりでチェーンが落ちてさらに輪をかけました。

JR伊勢市駅前

伊勢市内

 なんとかPC3ローソン鳥羽一丁目店に到着。やはり食べれるのはアイスのみ。再び日陰に座り込んで休みます。

PC3ローソン鳥羽一丁目点

PC3~PC4大紀町、そしてDNFへ

鳥羽をでて、海岸線を南下します。ここにきたらいつ追い風に代わるのか?そればかりが頭をよぎっていました。途中バスに幅寄せされひっくり返りそうになったりしながら南伊勢の海岸線にでます。このあたりでようやく追い風基調。

鳥羽水族館
たまにこんなに幅寄せしてくる嫌なバスとかがある

 南伊勢に入ったころには疲れはピーク。心拍数は上がってこないのに息は上がる。登りでは5~6km/hしかでないし。この区間がとてつもなく長く感じました。一気に走ることは無理になってきていたので道端で何度も休んだりしながら進みます。

南伊勢の海岸線

途中の公園で休憩したり。

この道中のアップダウンで完全に心が折れました。疲れでまっすぐ走れない。初めてDNFを決意しました。無理をすれば尾鷲までいけるかもしれない、でも無理すれば事故する可能性もあるのでそれは主催者に余計に迷惑をかけるので絶対やっちゃダメだ。と。

 この区間の平均速度は14.3km/h。ブルベの規定速度も下回っているのでもう無理です。PC4までがんばってそこでDNF連絡を入れました。主催者のKさんの残念そうな声に本当に申し訳なく思いました。色々考えて主催してくれているんだろうなぁ、と考えると、やはりブルベ万全の状態で望めるようにしないとな、と思いました。

PC4サークルK大紀町錦店

PC4でしっかり休んで紀伊長島の道の駅「マンボウ」まで出ました。嫁にリタイヤするわ、と連絡を入れて道の駅で寝てあと輪行で帰るわ、というと「迎えに行くから待っとけ!」と怒られたので、最終の熊野市行きの鈍行があったのでそれに乗り、熊野まで迎えにきてもらって帰りました。

 帰りの道中、まだ走っている参加者を横目に空しくなりました。

 翌日も、電車でマリーナシティへ車を取りに戻りましたが、車窓にちらほらと走っている参加者の姿が。なかなか悔しいものです。

 こうして今年初の600kmは失敗に終わりました。でもSRにはリーチがかかっているのでどこかでリベンジしたいと思います。

翌日車を取りにわかやま館へ

フレームに貼り付けたPC表(5列目で終わりました)

初めて途中で切れてしまったブルベカード

今回の走行記録(Garmin サイコンより)
距離 281.4km
経過時間 16時間30分18秒
平均移動速度 21.0km/h
平均心拍数 125bpm
平均ケイデンス 69rpm
獲得高度 2479m (最高高度 616m)
消費カロリー 7003kcal

↓よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です