ブルベBRM429泉佐野400km参加しました。

 去る4月29日にAudax近畿のブルベ「BRM429泉佐野400km」に参加してきました。今年に入ってブルベに本格参戦。1月に200km、2月に300kmを無事クリアし、いよいよ400kmにチャレンジです(過去のブルベについてはまた後日思い出しながらアップします)。
 他のブルベ参加者のブログを見ていると400kmは一番難関と言われているみたいで、出場前からDNFも覚悟してました。走ってみて「なるほど」難関でした。

 朝3時起床。3時半過ぎに自宅を出発し、ちょうど6時ごろブルベカード提出場所の温室がある道和モータープールに到着。自転車をセッティングして受付場所のりんくう公園に移動、受付でブルベカードをもらって6時半からブリーフィング~検車を受け、7時少し前に出発しました。
集合場所のりんくう公園(対岸は関西国際空港)
出発前のブリーフィング

まずは街中から雄ノ山峠を目指すのですが、前々回の200kmの時にコースはわかっているので、街中は数名の集団の後ろについて走りました。雄ノ山峠を登る頃にはすでにひとり旅になっていて(前回の200kmの時はここでパンク)、そのままマイペースで紀ノ川を渡り、布施屋駅で一度トイレを済ませ、県道9号線に出ます。すぐに県道160号線に入り伊太祁曽方面を目指していきます。伊太祁曽の駅でたま電車に遭遇。久しぶりに見ました。

雄ノ山峠から阪和自動車道を見下ろす
伊太祈曽駅とたま電車
伊太祁曽神社

海南市に入ると狭い路地(毎回思うけどスタッフの人はよくこんな道を見つけるな!と思う)を抜けると、国道424号線、黒沢牧場に向かう峠です(約35km)。ここが前半の山場、峠の前半のほうが勾配がきつく、出会った参加者の人たちと「きついっすね~」と言い合いながら頂上を目指します。黒沢牧場の入り口を少し超えたところが頂上。振り返ると今走ってきた紀の川市~海南市が見えていました。

峠の途中にあった極楽寺(?)
黒沢牧場入り口
峠の頂上から紀の川市方面をのぞむ

 ここからの下りは軽快。まるで海外?と思うような山の斜面に並ぶ住宅を眺めながら旧金屋町まで下ります。

山の斜面に住宅が立ち並ぶ

 ここからは龍神方面に向かって山に向かって走っていきます。少し登り基調の道をゆっくり登っているとローギアに入れたときに異音が??この時はまだあまり気にしていませんでした。PC1まで行く途中で「道の駅しらまの里」(約54km)でトイレ休憩。この日は平年より気温が低くて辛かった。ここでは多くのブルベライダーが休憩してましたね。

道の駅「しらまの里」

 ほどなく進んで11時9分PC1椿山レイクブリッジヤッホーポイントにて有人チェック。もちろん「ヤッホー」・・・とは叫んでません。観光客もいてるしこっぱずかしいので。

この先旧龍神村に入ったところあたりにあったアトリエ。何のアトリエ?

椿山ダム
PC1ヤッホーポイント
アトリエ??

 そのまま国道424号線をひた走り続いての休憩は「道の駅 水の郷日高川龍遊」(約96km)。PC2で昼食の予定にしてたので、ここでの休憩は短めにさっさと出発。ここで昼食を取られている方も多いようでした。

道の駅「龍遊」

 県道198号線に入って、長い長い水上栃谷トンネルを「気持ちわる~」とつぶやきながら走り、ここから旧中辺路町まで一気にダウンヒル!これまでの登り基調で疲れた足を休めながら下りきったら、国道311号線と合流。ここからがこのブルベ最大の登り。ここで初めてローギアに入れたときにリアのディレーラーがカチャカチャ飛び跳ねているの気づきました。インナーローで登っていくのですが、どうもかかりが良くない・・・。かといってギアあげれば足にくる。とりあえずかかるギアでケンデンスを落として登りました。 PC2近露までほとんど休めるところがないんですもの、かなりきつかったです。
 ようやくPC2(約124km)中辺路でチェックしたのが13時35分。ここではレシートチェックだったのでお弁当を買って少し遅めの昼食。数名の参加者とテーブルを囲んで雑談しながらの食事。知り合いがいないくてずっと一人だったので、結構楽しかった。

PC2近露

 PC2を出発しても登りはなかなか終わりません。ここからこのブルベ最高高度まで登ります。おぼつかないギアで登り切った後はご褒美の超ダウンヒル。向かい風が強くて怖かったけど、ここでタイムを稼ぐ。渡瀬温泉を過ぎ国道168号線と合流、新宮方面へ。天気は良かったので熊野川が綺麗でした。

熊野川


 PC3ローソン新宮磐盾店(約176km)に到着したのが16時11分。ここでスタッフの人に自転車を修理に持っていっていいのかルールを確認。きてもらうのはダメだが自分で行くのは大丈夫とのこと。とりあえず勝浦のいつもお世話になってるショップに向かいます。自転車ショップでは数名のチームメンバーがいて声をかけてくれて元気になりました。けど自転車はすぐに治らないとのことでこの場は応急処置のみ。この先もこのディレーラーには苦しめられました。(後日、プーリーの歯がかなり削られているのがわかって交換してもらいました。)

PC3ローソン新宮磐盾店
サイクルショップを出発

 PC4ローソン串本店(約219km)。18時45分。この先で仮眠。1時間ほど仮眠の予定が15分オーバー。次のPC5のクローズ時間に間に合うか微妙だったのでペースを上げようとするも、昼間と違って思ったよりスピードが上がらない。普段走っている道も暗闇で波音だけ聞いてるとまた違った表情を見せてくれました。

PC4ローソン串本店

 なんとか制限時間内にPC5ローソン田辺新庄店(約288km)に到着。0時52分、意外と貯金できた。この辺りから仮眠を取っている参加者の姿がちらほら。

PC5ローソン田辺新庄店

 それでもここからは睡魔との戦い。時々襲ってくる睡魔と、季節外れの寒さで貯金を増やせないまま御坊市に入って、とりあえずマクドナルドで夜食を食べようと思って向かうと閉店。マクドナルドって24時間営業やと思ってたのに~。結局その先のローソンでオムライスを食べて、最後の峠らしい峠の由良峠を越えます。ちょうど4時台に走っていたので、少し空が明るくなってきました。
 峠を越えて最後のPC6ローソン広川インター前店(約346km)に到着したのが5時2分。ここではがっつりしたものも飽きてきたのでプリンを購入。

PC6ローソン広川インター前店


 ちょうど夜明けになったのでここからペースアップ!ところが下津あたりから海南までの国道がボコボコで疲れて痛み出した膝と尻に堪える。「パリ~ルーベか!」なんて叫びながら国道42号線に別れを告げる。しばらくして往路の道と合流。この辺りで完走は確信していたので、慌てずゆっくり確実に進んでいきます。早朝の紀ノ川は思ったよりきれいに映りました。

早朝の有田川
和歌山マリーナシティが見えてくる
対岸には淡路島
阪和自動車道をくぐる
紀ノ川

 そして最後にこの坂か!と言いたくなるような雄ノ山峠の激坂をクリアし、無事ゴールのセブンイレブン阪南自然田店に午前8時31分到着。Total25時間31分でした(制限27時間)。やっぱり400kmは時間との戦いですね。厳しいです。

建設中の京奈和自動車道
雄ノ山峠の激坂終了


 ここでは松坂ブルベでお世話になった京都チームのK野さんをお会いしました。今回は参加者として走られていたみたいですが、このあとフェリーで徳島600kmのスタッフとして移動されるとのこと。前週には川西200kmも走ったらしく、なんて猛者だ・・・と驚くばかり。

ゴールのセブンイレブン阪南自然田店

 さてここからは都会の道を時間をかけて提出場所まで戻ります。無事カードを提出したあと恒例のカップラーメンをいただき無事400kmブルベ終了。あとは600kmをクリアすればブルベ元年でSR取得。でも今回走ったあと膝が全く動かなくなるくらい痛めたんですよね。この膝対策ができないと600kmは厳しいな~。でも今回は200km、300kmの経験が十分に生かされたブルベでした。この経験がなかったら多分クリアできてないでしょうね。

関西空港が見えてきた
ブルベカード提出場所の温室に到着
カップ麺頂きました
400kmメダルゲット(写真反対やん!)


次のブルベが楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です