BRM1029串本200km参戦記その①

10月29日(土)にオダックス近畿のブルベBRM1029串本200kmに参加してきましたのでそのお話を。

さすが近畿最果てだけあって、今回のエントリー数は6名(もう少しエントリーあるかなと思ったんだけど)。一人DNSで出走者は5名でした。

今回は地元ブルベなので時間的余裕はあったんだけど4時40分ブリーフィングなので3時に起床。いそいそと準備をして4時ごろ自走にて自宅を出ました。集合場所の串本駅には4時25分頃到着。液にはオダックス近畿のスタッフさんが3名待機しておられました。僕が一番乗りだったようです。受付をしてもらって他愛も無い話をぺちゃくちゃと。なかなか皆集まってこないので、もしこなかったらどうしよう・・・、とか考えていたら40分頃になってようやく皆さんが集まりだしました。よかったとかった。ブリーフィング、検車が終わって出発です。

ブリーフィング終わって雑談中

JR串本駅にて

今回PCは一つだけで他は全て通過チェック。今回通過チェックはほぼフォトコントロール(指定された看板等を入れて写真を自撮りしてくる)。5回目のブルベで初のフォトコントロールです。

串本駅を出発してまず最初のチェックポイントの潮岬に向かいます。潮岬といえばいつもの練習コースなので道は全て把握していますが、皆さん勢いよく飛び出していくので車列の一番後ろにつかせていただきました。30分弱で潮岬観光タワーに到着。フォトコントロールは「潮岬観光タワーのバス停を入れて撮影」だったのでみんなでバス停を探すも見つからず。結局、潮岬観光タワーの看板前で写真を撮りました。

潮岬観光タワー前の売店

潮岬からの朝焼け

写真を撮った看板

ここからは少しばらけたスタート。先に出た小径車のおじさんを追い越して潮岬をくだり、国道42号線を田辺方面へ。そこから国道371号線に折れて最初の峠「六郎峠」を登ります。このあたりから参加されていたAさん(名前は出せないのでAさんとします)と一緒に行動させていただきました。ペースが合ったわけではなく、きっと僕に合わせてくれたんでしょうね。

今回は1週間後のヒルクライムレースの練習もかねてのつもりだったので、あまりペース配分を考えずなるべく強めに踏んでいきます。この行動で後で痛い目に会うのですが・・・。

国道から県道に入り「道の駅滝の拝太郎」に向かいます。比較的広くて交通量の少ない道をしばらく走って道の駅に着いたのは6時40分ごろ。7時半までについたらいいかなと思っていたのでここまではいいペースです。通過チェックは古座川小川へき地診療所の看板。

滝の拝

古座川小川へき地診療所

滝の拝を出ると、ここからの県道43号線はまさに険道。ぼこぼこの道をさらに上流に向かいます。この日は雨上がりだったのでまだ水溜りも多く、ただでさえ走りにくいのに追い討ちをかけられてるようでした。小川上流から那智勝浦に向かって峠(道を作るのに自衛隊が活躍したので地元では「自衛隊道路」とよばれているらしい)を越えます。まだ薄暗く、ところどころアスファルトの無いところや陥没はありましたが、Aさんとしゃべりながら一緒に登ったのであまり怖さはなかったです。途中で雄鹿に会いました。

この自衛隊道路、ロードバイクに乗り始めた頃に一度チャレンジして何度も足をついて必死で登った苦い記憶の有る坂道でしたが、今回ゆっくりだけど普通に登れました。坂道にリベンジ完了、自分の成長をちょっと感じました。

開通記念碑

自衛隊道路頂上付近

そして待望の下り・・・、と言いたいところですが、見事という悪路。陥没、落石、落葉、落樹、猿等々。普段ならスピードを出すところ全く出せません。下りの恩恵を全く受けれず、ようやく民家が出てきたと思ったら、次の県道45号への曲がり道をスルーしてしまう・・・。少し下ってルート間違いに気づき戻りました。地元じゃなければ下りきってたろうな・・・。あぶねー。

県道45号も相変わらずの道。ほんとにAさんおってよかった。一人だと不安をあおる道。かなり登ってるけど道が気になって坂道はそれほど苦になりません。下りに入ると突然開けた快適な道!民家も現れようやく悪路区間終わったか!、ほっとするまもなく再び悪路登りの連続です。どこかの老人保健施設の車が走っていましたが、軽自動車でいっぱいいっぱいの道。ってかここに住んでる人、町に出るの大変やな。

この先下ると旧熊野川町の小口に出ました。キャンプ場とかあるところです。ここからは国道168号線までは軽快な道路。ようやく悪路が終わりました。考えてみると50km近く悪路区間だったのね・・・。Aさんと思ったより時間ぎりぎりやね~と言いながら、次の通過チェック、「道の駅熊野川」へ到着。10時15分くらいやったかな。ここはレシートチェックだったのでソフトクリームを購入。Aさんはめはり寿司で補給されてました。

道の駅熊野川のかあちゃんの店

道の駅熊野川

ここまで来ると暑いくらいの気温になっていたのでインナーウェアを脱いで夏服に。ここから十津川に向かって走るわけですが、ここからが期待を裏切る向かい風。この先地獄へと向かいます。

その②に続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です