BRM127泉佐野200km榛原往復に参加してきました。

Bei Cycling Club Blogをごらんの皆様。いつも閲覧いただきありがとうございます。ブルベ班の池田です。今回はオダックス近畿大阪チーム主催のBRM127泉佐野200kmに参加してきました。このコースは泉佐野市のりんくう公園を出発して奈良県宇陀市榛原を往復する200kmで、2016年の同コースが僕のブルベデビューでした。去年の泉佐野300kmでも途中同じルートを走りましたが、今回は当時とほぼ同じ。2016年のときは僕に自転車を教えてくれたO師匠と一緒に走りましたが今回はお一人様。少しは成長してるのかしら?と楽しみにスタートしました。

今回のコースマップ

7時スタート組のブリーフィング。まだ暗い。向かいは関空。

まずは本編を始める前に宣伝を。前回の和歌山600に続き今回もFRUGEL(フルジェル)を参加者全員に提供していただきました。FRUGELはサイクリストの補給食にと和歌山の名産である有田ミカンを使ったジェルです。一般に販売されている補給ゼリーに比べて2倍のエネルギーがあるにも関わらず甘くて美味しいんです。糖質もしっかり摂れるのでハンガーノック予防にも効果的。祖父がミカン農家だったこともあり、小さい頃からミカンで育った僕にとっては最高の補給食です。こちらで購入できるようなのでよろしければ試してみてください。僕も次のロングライド前に注文します。

これがFRUGEL(フルジェル)!一度飲んでみて!

僕は元々ケイデンスがやたら遅いのですが、柴原店長と話をしていて長い距離で後半まで脚をもたすためにケイデンスは早めに回せたほうがいいだろうということになり、最近はケイデンスを上げる練習をしています。そこで今回は200kmということもあり、普段のブルベで70rpm程度のケイデンスを85rpm前後で走ることにしました。

まずいつもの雄ノ山峠を越え、和歌山の下三毛のセブンイレブンの通過チェックをさっさと済ませて紀ノ川沿い平坦区間(時々アップダウン)に入ってケイデンスを意識して快調に走っていると、スタートして50kmも行かないうちにケイデンスセンサーの電池が切れました(涙)。「意味ねー」と嘆きながら、まあ感覚で行きましょうとわざわざ電池を買いに寄ることはせず進みました。

通過チェックセブンイレブン和歌山下三毛店

なぜ今回こんなに急いでいるのかと言うと、このブルベの少し前に主催スタッフの方が試走をしてそのときに明日香村で食べられた明日香鍋の写真をSNSにアップしていて、めちゃ美味そうで食べたくてとっとと榛原を折り返して明日香村でのんびりお昼にしたかったからです。結果PC1の五條にはグロス23km/h、前半100kmを22km/hで通過しました。全然貧脚の僕のペースではなかったです。後半見事にたれました。

PC1ファミリーマート五條病院前店

五條中央公園から向こうの山を見てみると雪化粧

PC2である榛原に向かう忍坂(おっさか)の登り坂(女寄峠)は今回で3度目。この坂道、後半に向かって斜度がきつくなっていくので最初のときは地獄のような坂だ、と思い、2度目は相変わらずきつい坂だ!と感じていました。が、今回は、「しんどいけどそんな長くないな」と感じたのでそれなりの自分の成長を感じました(自画自賛)。

女寄交差点から振り返って撮影

女寄交差点。この左先が山頂。

標高が上がると気温も下がります。手足の指先が痛くなってきます。榛原付近は雪も残っていますし、お昼時にPC2に着いてもゆっくり何か食べる気にはならないので明日香鍋を求めてすぐに峠を引き返します。途中で正規ルートから1km班程度はなれた石舞台のそばにある夢市茶屋さんでようやく今回のメインの明日香鍋。牛乳鍋なんだけどあっさりしてうま~。それよか思ったより古代米が美味いことに驚いた!実は帰ってから家でもお鍋やってみた(笑)

PC2ローソン榛原篠楽店

篠楽交差点

明日香鍋御膳

とりあえず目的のものは食べたのでその後はモチベーションダダ下がり(笑)前半とばしすぎたのもあって帰りの紀の川沿いは最後の雄ノ山峠に向けて回復走に切り替え。再び下三毛の最後の通過チェックのセブンイレブンに着くころには少し回復。ここで最後の一踏ん張りにFRUGEL投入!

PC3ローソン五條住川町店

道の駅くどやま

WAKAYAMA800モバイルスタンプラリーのスタンプゲット

FRUGEL投入!

雄ノ山峠に向け走り出すと後から声が。ブルベ2回目だという青年が、「サイコンのマップがバグッたので着いていかせてください!」とのこと。「速くないけどそれでいいならどうぞ」とゴールのコンビにまで一緒に行きました。この青年、後でわかったことだけど知らないうちにStravaでお互いフォローしあってた。僕は一緒のブルベは知った人を結構フォローしているのでそのせいかと思うが世間は狭いなぁ。

再び通過チェックセブンイレブン和歌山下三毛店

ひいひい言いながらも雄ノ山峠を越え下った先にあるゴールのセブンイレブン阪南自然田店へ。ゴールタイムは11時間15分でした。ただここからりんくうまで受付に戻らないといけないという特典(?)付き。デビュー戦は道和モータープール横の温室だったんですけど、それは取り壊され今は田尻町の福祉センターになっています。到着した時にはすでにたくさんの人がゴールしていたようでわいわい賑やか。しばらくゆっくりさせてもらって帰路につきました。

ゴールのセブンイレブン阪南自然田店

 

今回のブルベカード(僕は8時スタートなので制限時間は+1時間ね)

「オダッス」って(・_・;)

完走メダルと2019新作のオダ近ピンバッジ

とりあえず1月は400km、200kmをクリア。SRまであと300kmと600km。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

サイクルデイ in 熊野

次の記事

橋杭岩練習会